コンシーラー

URGRUMのリキッドコンシーラーで30代のガンコなクマは隠れるのか?正直レビュー

ユアグラム コンシーラー

30代の頑固な青クマ&黒クマを隠してくれるコンシーラーを探索中!Hanaeです。

今回は百均コスメの雄、ダイソーで売っているUR GRUM(ユアグラム)のリキッドコンシーラーを、実際に使ってみました!

今までも、明るい肌色は眉下のハイライト替わりに使っていましたが、目の下のコンシーラーとしては使ったことがなかったので、改めてお試し。

目元に100均のコスメって、成分的に問題ないのか。30代の混合肌の目元でも乾燥しないのか、実際に2色使ってレビューしていきます。

今回、目元アップの写真を撮ったのですが、自分の肌の汚さに愕然としました。スキンケアもっと頑張ろう…涙

コンシーラーレビューの前提条件

今回は、できるだけ肌の条件をそろえるために、レビューのルールを設けています。

  1. スキンケアと下地を済ませた肌につかう
  2. 自己流でなく、できるだけ公式が紹介している方法でつかう
  3. 仕上がりは時間をおいて見る

コンシーラーのレビューのマイルールなどは、過去のこちらの記事に記載してます。

<決意表明>青クマ&黒クマに最適なコンシーラー探しの旅に出るよ ニューノーマル時代になり、マスクが書かせない日々。目元のクマが以前にまして目立つようになってきました…。涙 在宅勤務になり、一日中...

使った様子を紹介するために、目元の写真を載せています。
美肌加工などはせず、そのままの状態をお届けしているので、肌あれは大目に見ていただけるとうれしいです。

パーソナルカラーはサマータイプ。普段のファンデーションは、標準色よりワントーン明るい色を使うことが多いです。肌質はTゾーンはテカる混合肌タイプです。

URGRUMのコンシーラーについて

商品名:カバー&ハイライトコンシーラー

値段:110円(税込み)

製造国:中国(企画は日本)

購入可能店舗:全国のダイソー

発売以来ずっと人気の商品なので、店舗で売り切れていることも。

今回2色とも新品で比較したかったのですが、明るい色は売り切れだったので、BE-02のみ購入しました。

公式サイトを見ると、新しくピンクも出たらしい!

近所のダイソーには売っていなかったのですが、次に見つけたら、ゲットしてぜひ試してみたいです!

100均コスメの気になる成分は!?

100均コスメで気になるのは、なにより成分ですよね。

最近プチプラの実力がかなり上がっているのは知られていますが、さすがに100均コスメで成分もばっちりなのか、と心配になるかと思います。

結論から言うと、日本で販売されているコスメは、日本で許可された成分しか入っていないので、大丈夫です!

全成分一覧

水、シクロペンタシロキサン、イソドデカン、グリセリン、BG、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、エチルヘキサン酸セチル、シリカ、フェニルトリメチコン、ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、セスキオレイン酸ソルビタン、ジステアルジモニウムヘクトライト、水添ロジン酸メチル、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、PEG-10ジメチコン、硫酸Mg、トリメチルシロキシケイ酸、エタノール、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール、酸化鉄、酸化チタン

個人的に気になるのはエタノールぐらいです。ただ、含有量は少なそうだし、実際に使ったところ、そこまで刺激を感じませんでした。

衛生面を保つため、保存材として使われているのだと思います!

実際に使ってみた!

まずは手元でスウォッチ!

まずは手元でスウォッチしてから、目元に塗っていきます。

URGRUMは細身でシンプルなパッケージで、スタイリッシュですよね。持ち運びにも便利なので、お直し用にもよさそう!

筆タイプのコンシーラーで、液はかなりさらっと軽め。

筆部分は柔らかく、立てて使ったり寝かせて使ったりと、ピンポイントで気になる部分に使えます。

カチカチと回しても、コンシーラー液がなかなか出てこなかったり、かと思ったら大量に出てきたりするので、コンシーラー液を手などでしごいてから使う必要あり

2色をスウォッチ。上から明るい肌色、自然な肌色です。


よくも悪くも速乾性が高いので、肌にのせたら、すぐなじませるのが大切。ちょっと放置しておくと、すぐ乾いてきて、ダマの原因に。

30代の目元で実際にお試し!

実際に目元にのせていきます。右にBE-01の明るい肌色、左にBE-02の自然な肌色を使用してみました。

この下に目元アップの画像が載せてあります!苦手な方は閲覧注意!!

まず右目!

公式に書いてある通り、筆で気になる部分に直接塗布。それから指でぼかします。

そして左目。

筆でクマになっている部分に点置きしてから、指でぼかします。

わたしのブルべの肌色の場合、BE-01ののほうがなじみがよいです!

BE-02は、しっかりカバーしていますが、ちょっとのっぺりしてみえるかな?

塗ってみた感想!

遠目だとそこまでですが、近づいてみると、どうしても塗っている感がでています。指でぼかすのよりも、スポンジのほうがいいかもしれません。

そして時間が経つとヨレてきてしまい、ダマになって落ちる。速乾性が高いので、撮影中に乾いてしまったのにも原因があるかも。

ただ、BE-02は、眉毛を消すのにピッタリでした!

わたし、眉毛が多毛&剛毛で、まゆがボヤンとなりがちなんですが、このコンシーラーの自然な肌色のほうで眉山の毛を消すことで、シュっとした眉の形に!

BE-01は今まで眉下のハイライト&整形に使っていたので、この2本は眉メイクのお供になりそうです。

まとめ

今回は、100均のダイソーで販売中の人気コスメライン、URGRUMのカバー&ハイライトコンシーラーをお試ししました。

良くも悪くも速乾性が高い!
とにかく安い!(1本たったの110円)
コンシーラー液の調整が必須!

結論、残念ながらわたしの目元では、乾いてしまいクマが悪目立ちする結果に。

肌の乾燥が気にならない、若い人向けかな(そういう人はクマで悩まないか…)

私の場合、眉メイクまわりに使えそうなので、そちらで活用したいと思います!

ハイライトとしても活躍しそう!

次もプチプラコンシーラーをレビューする予定です。楽しみ!!