結婚・家族

お年玉をあげるときのマナーまとめ!ポチ袋の由来や手作り方法もご紹介

今回はお年玉をあげるときのマナーについて、まとめました。

 

子供に渡すものであっても侮るなかれ!お年玉はその子の親も必ずチェックします。せっかくお年玉を渡しているのに、裏で「この人常識がないんだ・・・」なんて思われたら浮かばれない(>_<)

 

知らないよりは知っておいた方が安心なのがマナー。お年玉の渡し方のマナーや、お年玉を渡すのに使用するポチ袋について、まとめました。

 

関連記事はこちら⇒こどもに伝えたいお年玉の由来とは?貰い方のマナー

渡す側のマナー

紙幣は新札を準備する

お年玉は慶事なのでご祝儀と同様、新札を用意しましょう。

 

年末年始は忙しく、気づいたら銀行がお休みに入っていた!となりがち。年末のお金をおろすのと同時に、窓口で新札に両替してもらいましょう。

お札の折り方

紙幣は肖像を内側にし、左→右の順に三つ折りにします。硬貨の場合は、絵柄・漢数字のある側を表に向けて入れましょう。折り目をしっかりつけず、ふわっと三つ折りになるぐらいでOK。

 

なお、お札を数枚入れる場合は、全て重ねてから、三つ折りにしましょう。

 

ポチ袋には表書きと名前を書く

ポチ袋も小さなのし袋ですので、表書きを忘れずに。ポチ袋の中央上部に毛筆や筆ペンで「お年玉」と書きましょう。すでに「お年玉」と印刷してあるポチ袋なら不要です。

 

中央下部に渡す自分の名前、左上に渡す子供の名前も書きます。名前を書いておけば、年齢で金額を分けている場合などでも、渡し間違いも防げます。

 

貰った方も誰から受け取ったかわかるので、お礼などの時に助かりますよ。

忌数字を避ける

お年玉はご祝儀なので、縁起の良い奇数1,3,5,7や末広がりを意味する8(漢字の八から由来)のような金額を包みましょう。1,000円や、5,000円といった具合ですね。

 

 

死を連想させる「4」や苦労を連想させる「9」は、忌み数字とされています。子供は特に気にしないでしょうが、その子の親や祖父母の方からすると、避けておいた方が無難です

 

出先でお年玉を渡したい場合

出先でばったり子連れの友人に会ったけれど、ポチ袋を持っていない場合。お年玉を裸で渡すのはマナー違反。白い紙やティッシュペーパーに包んで渡しましょう。

 

白い紙なら茶道等で使う懐紙がベター。お正月で帰省していたら、出先で知り合いに会う事もありますよね。ポチ袋は余分に持ち歩いていた方がいいかもしれません。

ぽち袋の由来とは?自分で作ってみよう

ぽち袋とは、小さなのし袋の事。『点袋』とも書きます。江戸時代に男性が贔屓の芸者に心づけを渡すときに使われたのが始まりという説が有力です。

 

「ポチ」には「小さな」(これっぽち)という意味があり、「少ないですが」という謙虚な気持ちで与えたのが始まりである。 近年では全国共通で「ポチ袋」と呼称される事が多い。
引用元:ウィキペディア

江戸時代当時は、自分の家紋を入れたポチ袋を手作りする人も多かったそうですよ。

 

ポチ袋を手作りしてみよう!

動画では、3種類のポチ袋の折り方を紹介しています。どれもカワイイ!お正月ならではの、着物の形のポチ袋も素敵です。


折り紙は両面に色がついているものを選びましょう。
100均のダイソーやセリアだと和柄の千代紙だけでなく、様々なデザインの折り紙があります。どれも100円とは思えないクオリティー!

 

余ってしまったポチ袋の使い方

市販品を購入し余ってしまった場合。同じ相手に来年も同じものを使うのは、ちょっと嫌ですよね。

 

ポチ袋はお年玉だけじゃなく、いろんな用途に使えます!

無くしそうな小さいものに

ポチ袋は収入印紙や切手、薬などを入れて置くのにも便利です。お財布やポーチの中もすっきり。

 

机周りのクリップなど、見栄えがあまり良くないものをカワイイポチ袋にとりあえずポイ!入れておくだけで、整頓されているように見えますよ。

飲み会等の会費を入れて

職場での飲み会やランチ会で後日清算になった場合、お札を裸で渡すのはあまり良い振舞いではないですよね。

 

ポチ袋に入れて渡せば、相手がお財布を開く必要もありません。職場のデスクに入れっぱなしにしておいても、だいぶ便利だと思います。

お菓子やお土産を配るときに

飴や一口大のチョコレートなど、そのままでもいいですが、ポチ袋に入れてあると開けるときにワクワクします。

 

不在の人のデスクでも、ポチ袋に自分の名前を書いておけば、誰が配ったかも説明する必要なし!

最後に

今回はお年玉を渡すマナーと、ポチ袋についてまとめました。

 

お年玉は本来、年少者に向けて「今年も一年元気に過ごせますように」という願いを込めて渡すもの。少額でもお金の受け渡しです。基本的なマナーを押さえて、気持ちよくい年をスタートさせてましょう♪

 

関連記事はこちら⇒
こどもに伝えたいお年玉の由来とは?貰い方のマナー
甥っ子姪っ子に渡すお年玉の年齢ごとの相場はいくら?