おでかけ

初詣でおみくじひこう!ラッキーな順位・結ぶ意味とは?おみくじの扱いについてまとめ!

年の初めの運試し!みんな大好きおみくじ!

 

でも、せっかく引いたおみくじも、あなたのやり方では無駄になっているかも…。

 

神社では、結ばれた大量のおみくじをよく見かけます。「みんな、おみくじの中身ちゃんと見てから結んでるの!?」って思っちゃうぐらい多い…。

 

私は持ち帰る派なので、結ぶのと持ち帰るの、どっちがいいのか調べてみました。加えて、おみくじのラッキーな順位、おみくじを結ぶ意味、持ち帰った場合の、おみくじの扱い方についてまとめました。

おみくじのラッキーな順位は!?

神社本庁のサイトによれば、「大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶」の順にラッキーという結果に。けれど、実際は神社によって吉凶の判断はまちまち。

 

神社によっては神社の特色を出すために、大大吉吉凶未分というものを作って入れているところまであります。気になる順位は、おみくじを引いた神社の方に確認すると確実です。

 

 

国際化に伴い、英語のおみくじも登場しています。東京大神宮や明治神宮、お寺では成田山で英語のおみくじをひく事ができますよ。

 

大吉の多い神社 東京大神宮

@misa.haru335がシェアした投稿


東京の飯田橋に位置し、伊勢神宮の分流でもある東京大神宮。縁結びの神社で、パワースポットとしても有名です。独身の頃、私もよく行っておりました(笑)

 

東京大神宮のおみくじには、凶が入っていないんです!縁結びで有名な神社という背景もあるのでしょうね。

凶の多い神社 浅草寺

起源は飛鳥時代という、由緒だたしき浅草寺。日本はもちろん、世界中から参拝者が集まります。誰もが一度は行ったことがあるのでは!?

 

そんな浅草寺のおみくじは、おみくじの基となった『観音百籤』にのっとった割合で、吉凶が構成されているんです。凶の入っている割合は、なんと3割!

 

元旦の運勢が凶ならば、あとは一年間登っていくだけ!そう思うと凶も悪くないかも…?


おみくじは結ぶ?持ち帰る?

おみくじを引いた後に浮かぶ疑問が、木に結んだ方がいいのか、持ち帰った方が良いのかという点。

 

実はどちらでもOKなんです。

 

神社本庁のサイトでも、このように解説されてます。

「おみくじ」は単に吉凶判断を目的として引くのではなく、その内容を今後の生活指針としていくことが何より大切なことといえます。また神社境内の木の枝に結んで帰る習わしもありますが、持ち帰っても問題はなく、引いた「おみくじ」を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせてみたいものです。
引用元:神社本庁

どちらでもいいなら、どうしてほとんどの人が吉凶問わずに神社境内におみくじを結んでいくのでしょうか?

 

おみくじを気に結ぶ由来は?

おみくじを神社の中の樹木に結ぶことで、神様と「縁を結ぶ」という意味がありました。

 

凶の場合は、吉に転じてほしいと願いを込めて。大吉の場合は、このまま幸運がとどまるようにという意味合いが込められています。

 

なので「必ずおみくじは引いた後に結ばないとダメ!」ということは無いんですね。

 

おみくじを結ぶのは、決められた場所だけに!

おみくじを結ぶためのスペースが神社ごとに設けられている事がほとんど。そこにおみくじを結んで行ってください。間違っても、ご神木や植樹に結ばないように。樹木が傷み育成が原因になってしまいます!

 

神社ごとにルールが決まっていますから、そこは遵守してください。守らないと、バチが当たるかもしれませんよ・・・|д゚)

 

私の意見:おみくじは持ち帰る!

おみくじを引いたらどうしても吉凶の結果に目が行きがちです。けれど、書いてある戒めのほうが実は大切。中身をろくに見ず、すぐに結んでしまうのは勿体ない!

 

自分で引き当てたおみくじ。そこに書いてるメッセージは、今の自分に必要なものだと受け止め、持ち帰って時折見返すようにしています。

 

もちろんおみくじは雑に扱ったりせず、お財布の中で一番いいポジションに入れて持ち歩いています。

 

神棚にあげておくのがベストだそうですが、たまに読み返したくなるので、私は持ち歩く派です。

 

大吉でも書いてあることが全部いい事とは限らない!

大吉は人生のピークを表しているから、後は落ちるだけ、、、という怖い解釈も。そう思うと凶を引けば、その1年は登っていくだけなので、縁起がいいのかも!?

 

よく大吉を引くんですが、大吉でも内容がいいとは限りません。項目によっては「恋愛:求めすぎると去っていく」とか「仕事:欲を出すと破滅する」とかザラに書いてありますよ。

 

持ち帰ったおみくじの処分は

おみくじの効果は、お守りと一緒で1年ほど。1年たったら処分します。古いおみくじは、古いお守りと一緒に神社でお焚き上げしてもらいます。

 

おみくじだけでも、お焚き上げしてくれる神社もあります。もしくは、ぽち袋などの袋に、お浄めの塩とおみくじを入れてから、燃えるごみに出しても大丈夫です。

 

お焚き上げの場所がわからなければ、お守り売り場にいる巫女さんに聞けば教えてくれたり、預かってくれることもありますよ(^^)

さいごに

今回は、おみくじの吉凶の順位、おみくじを結ぶ意味、持ち帰ったほうがいい理由についてご紹介しました。

 

吉凶の結果よりも、そこに書いてあるメッセージを戒めとして受け止め、一年を過ごすのが、おみくじの本領が発揮される方法だと思っています。

 

吉凶の結果に一喜一憂しすぎず、おみくじを楽しみ尽くしましょう♪