スイーツレビュー

コンビニで買える!今話題のギルトフリースイーツ3種を実際に食べ比べ

今回はナチュラルローソンで購入した、ギルトフリースイーツを実際に食べ比べしてみました。

 

ダイエットをしていても、甘いものが食べたくなることありますよね。「ダイエット中だから間食はだめ!」と無理に我慢すると、逆に甘いもので頭がいっぱいになったり。。

 

悶々とするぐらいなら、ギルトフリースイーツを食べて、リラックスしましょう~。コンビニでも簡単に手に入りますし、レシピもシェアされています。おやつ選びの参考にしてみてください!

そもそもギルトフリーって?

ギルトフリー(GUILT FREE)とは「罪悪感がない」という意味の造語。一般的には、精製された成分が入っていない、グルテンフリー、低糖質などの要素があるスイーツが、ギルトフリースイーツと言われています。

 

ちなみに罪悪感を感じる栄養素はその人によって異なります。オーガニックでない食べ物だったり、糖質だったり、脂質だったり。ギルト(罪)の定義はその人それぞれですね。

 

今回は【糖質の低めなスイーツ】をギルトフリースイーツと定義させて頂きます。

BOUNCE ナチュラルエナジーボール

一つ目はBOUNCEナチュラルエナジーボール。ナチュラルローソンのHPにも掲載されています(サイトはコチラ)。

 

味の展開は6種類。店舗によっては品揃えが異なるようです。今回は【ヘーゼルナッツカカオ味】をお試し!

価格は350円。1個171カロリー、炭水化物16.3g。原産国はオーストラリア。グルテンフリー、精製砂糖不使用、コールドプレス製法とパッケージに記載あり。表示からして体によさそうです。

 

 

名称が乳清たん白加工食品。こういった名称の食品は初めて見ました!乳清はヨーグルトの上澄み液のことで、ホエーとも呼ばれています。ホエー豚も、乳清が餌に入っているためお肉が柔らかく美味しいんです。

開封すると、ココナッツフレークがびっしり。ヌガーみたいな噛み応えです。

 

カカオ味だと思って食べるとガッカリするかも(;’∀’)ココナッツの風味とヨーグルトの酸味が広がり、最後にカカオの味がやってきます。正直に言って『とってもおいしいー!』とは思えないかも。

 

重量感があり、かみごたえもばっちり。食べるのにそれなりに時間がかかるので、満足感も高いです。ルイボスティーと合わせると、口の中もさっぱりしていい感じでした。

 

ナチュラルローソンの店舗で購入できるので、気になる方は是非試してみては?(一部対象外の店舗あり、公式サイトはこちら)

ソイフィットプロテインバー

2つ目はソイフィットプロテインバー。こちらもナチュラルローソンで購入しました。価格は1つ270円。味はレーズン&クランベリーとチョコレート&ナッツの2種類があります。

 

1本で140カロリー、脂質4.1g、炭水化物15.1g。砂糖は入っていますが、コーンシロップや果糖ぶどう液糖などは原材料にありませんでした。

 

アスリートのためのスポーツサプリメントを販売しているDNSがプロデュースしているプロテンバー。女性の理想の体を作るというコンセプトが魅力的。たんぱく質が10gも取れるほか、10種類のビタミン、3種類のミネラルも入っているんです!

味は完全にチョコレート。他のチョコレート菓子と遜色有りません。クランチパフがサクサクで、食べごたえあり!

 

ときどき出てくるナッツも良いアクセントになっています。普通のお菓子としてもかなり美味しいです。

 

チョコレートをつなぎにして、パフを固めている感じなので、ぽろぽろとこぼれる事も。食べるシーンには要注意です。ナチュラルローソンやドラックストア、公式サイトやECサイトからでも購入できますよ。

ソイジョイクリスピー ホワイトマカダミア

最後はソイジョイクリスピーのホワイトマカダミアをお試し。こちらはコンビニ・ドラックストア・スーパーなどで購入できるので、一番手に入りやすいかも。

 

店頭で2種類のパッケージがあったので両方購入しましたが、中身はどちらも一緒。値段はコンビニで123円。1本133カロリー、炭水化物7.8g。ソイジョイは炭水化物の内訳まで記載されていました。

 

炭水化物は食物繊維と糖質が合体しているもの。なので炭水化物=糖分ではないんです。ちなみにホワイトマカダミアの炭水化物の構成は糖質5.9g、食物繊維1.9gです。糖質一桁はかなり凄い!

ソイジョイ食べたことあるんですが、その度に開けづらいと思っていたんですよね。しかし、オープンと言うところの点線のガイドに沿ってちぎると、簡単綺麗に切れました。同じように思っている人、ぜひ試してみてください。

 

こちらもしっかりチョコレート。ホワイトチョコ味です。さくさくのパフ入のクッキーバーに、ホワイトチョコ粒がふんだんに練り込まれています。これで脂質も炭水化物も一桁とは恐るべし。

 

パフのお陰で歯応えもあるので、満腹感も◎。ただ、口の中の水分が持っていかれるのと、歯に結構はりつきます。食べるシーンには気を付けた方がいいかも。

さいごに

今回はコンビニで購入できるギルトフリースイーツを実際に食べ比べしてみました。

 

どれも満足感があり、それぞれに良い点やプラスされている栄養素などもあったので、ぜひ好みの味を探してみてください。

 

最近新しいギルトフリースイーツが次々と出てきているので、また試食したらレビュー追加していきます。

 

罪悪感を感じないお菓子を取り入れて、ストレスフリーにダイエットを続けていきましょう~♪

ダイエット中のお菓子に!低カロリーなチョコケーキ「カラリズムスティック」をレビュー今回は、ダイエット中の間食にぴったりなコンフェクションの「カラリズムスティック」をレビューします! 甘いものはダイエットの...